開催報告

千葉市身体障害者スポーツ大会

 新型コロナウイルスの影響で中止が続いていた上記大会を、3年ぶりに開催した。
 8日(日)は、青葉の森陸上競技場を主会場に陸上、ハーモニープラザでは水泳、卓球、アーチェリー、療育センターふれあいの家体育室ではSTT競技を行った。
 続いて18日(水)には、新たに加わったボッチャ競技およびゆうあいピックと合同開催である、フライングディスク競技を行った。
 両日とも天候に恵まれ、大きなトラブルもなく無事大会を終え、選手からは「久しぶりに参加でき、楽しかった。ありがとうございます」など、うれしい感想をいただいた。
 この大会は10月に栃木県で開催予定の全国障害者スポーツ大会の予選も兼ねており、6月中に代表選手が選ばれる予定。

陸上
アーチェリー
ボッチャ
フライングディスク

文字サイズ変更
背景色の変更
タイトルとURLをコピーしました